ISACA東京支部は、情報システム監査、情報セキュリティ、リスク管理、ITガバナンスの国際的専門団体です。

ISACA東京支部
HOME
ISACAの活動
支部活動
委員会活動
調査研究活動
普及活動
ISACAの資格
CISA
CISM
CGEIT
CRISC

入会案内等

東京支部会員限定

CISA

CISM

CGEIT

CRISC

ITGI-J

COBIT 5

  CGEIT

■CGEITとは

CGEIT(Certified in the Governance of Enterprise IT)資格は、ITガバナンスの原理や実践に豊富な知識と経験を持つ専門家向けに2008年にISACAによって創設されました。日本語では「公認ITガバナンス専門家」と称します。

■CGEIT資格の権威・特徴は?

CGEITは、多くの企業や行政機関に事業体のITガバナンスに関わる従業員の必須要件として認知されています。

CGEITプログラムは、米国規格協会(ANSI)によってISO/IEC 17024:2003 (要員の認証システムに関する一般要件)の認定を受けています。

■CGEIT資格がフォーカスしているのは?

CGEITは、ITガバナンスに関わるマネージャー、役員、コンサルタント、経営幹部をフォーカスしています。CGEIT保有者は例えば以下のような職責を担っています。
・IT戦略計画の策定や保持の監督
・ITを活用した投資ポートフォリオの管理
・ITガバナンス改善のため、業界で受け入れられている実践や枠組を助言する
・ITおよび情報システムの戦略的計画や制御フレームワークの策定
・情報セキュリティを事業体のITガバナンスに組み込むこと
・エンタープライズアーキテクチャの管理
・リスク戦略、計画、プログラムの策定や保持の監督

■CGEIT試験ドメイン

CGEIT試験は以下の5つのドメインから構成されています。

ドメイン1 ITガバナンスの枠組(25%)
企業のミッション、ビジョン、価値と整合性のある、企業ITガバナンスの枠組が定義され、確立され、管理されることを保証すること。

ドメイン2 戦略的マネジメント(20%)
IT戦略計画を企業の戦略計画に整合・統合させることにより、ITがビジネス目標の達成を可能にし、サポートすることを保証すること。

ドメイン3 利益の実現(16%)
情報化を基軸とした投資(以下、情報化投資)が、最大限のビジネス利益をもたらすように管理され、利益の実現結果や実績の計測方法が確立、評価され、進捗状況が主なステークホルダーに報告されることを保証すること。

ドメイン4 リスクの最適化(24%)
ITリスク管理の枠組が存在し、IT関連ビジネスリスクを特定、分析、軽減、管理、監視、コミュニケーションを図ること、およびITリスク管理の枠組が企業リスク管理(ERM)の枠組と整合していることを保証すること。

ドメイン5 リソースの最適化(15%)
企業目標達成をサポートするために、情報、サービス、インフラストラクチャ、アプリケーション、人員を含むITリソースの最適化を保証すること。

■CGEIT認定を受けるには?

(1) CGEIT試験に合格すること。
試験は年2回(6月と12月)に実施されます。CGEIT試験は5つのドメインから合計150問の問題を4時間で解きます。
2013年現在、試験は英語のみ受験可能です。日本語での試験は実施されていませんのでご注意ください。

(2) 所定の実務経験を有すること
最低5年間の、事業体でのIT関連ガバナンスの実務経験を証明する経歴証明を提出すること。この経験は、CGEITジョブプラクティスのドメインおよびタスクに関する記述で定義されています。これらの実務経験は、認定申請日からさかのぼって10年以内、あるいは最初に試験に合格した日から5年以内の経験に限ります。
特にCGEITドメイン1に関する最低1年の経験、およびその他のドメイン(ドメイン2から5)の内2つ以上のドメインに関する経験が必要です。

以下のような経験により、この5年間の実務経験の一部を代替することが可能です。
・ITガバナンス関連分野のフルタイムの大学教員としての経験は、経験年数2年を1年の経験として代替することができます。

(3) ISACA職業倫理規定を遵守すること
http://www.isaca.org/About-ISACA/History/Documents/ISACA-Code-of-Ethics-Japanese.pdf

(4) 継続教育方針(CPE)を遵守すること
http://www.isaca.org/cgeitcpepolicy

■CGEIT−ISACA国際本部ホームページ

◆CGEIT認定制度についての詳細については、ISACA国際本部のホームページをご参照ください。
http://www.isaca.org/Certification/CGEIT-Certified-in-the-Governance-of-Enterprise-IT/Pages/default.aspx

◆CGEIT試験受験案内に関しては、以下のリンクをご参照ください。
http://www.isaca.org/Certification/Pages/Candidates-Guide-for-Exams.aspx

■CGEIT委員会からのお知らせ

◆CGEIT Review Manual 日本語翻訳版について

CGEIT Review Manual 7th Edition日本語版がISACA本部サイトのBOOKSTOREから発売されました。
CGEIT試験受験のための参考書として、またITガバナンスの体系的なテキストとしてご活用下さい。

■CGEIT Review Manual研究会のご案内 (受付終了)

CGEIT Review Manual 7th Edition 日本語版を使用して事業体のITガバナンスに関する研究会を開催しますので、関心のある会員の方は参加をご検討いただきますようお願い致します。

(1) 研究会の目的
 CGEIT Review Manual 7th Edition 日本語版を通して、事業体のITガバナンスに関する知見と理解を会員相互に深めることを目的とします。

(2) ご参加いただきたい方
  ・CGEIT資格試験の受験を検討されている方
  ・CGEIT資格をお持ちの方
  ・事業体のITガバナンスに関心のある方

(3) 参加条件
  ・東京支部会員であること。
  ・CGEIT Review Manual 7th Edition 日本語版をISACA BOOKSTOREで購入いただくこと。
  ・CGEIT Review Manualの指定された部分を事前に読んだ上で、積極的に発言して研究会の目的に貢献すること。

(4) CPEの獲得
  東京支部より証明書の発行はいたしませんが、参加した時間に応じてCPEの申請が可能です。各自で参加の記録を残すようにして下さい。

(5) 当面の開催予定
  ・日時:2017/1/16(月)、3/13(月)、5/15(月)、7/10(月)、9/11(月)の19:00〜21:00
  ・場所:東京都千代田区一橋2-6-2 日本教育会館 会議室
       http://www.jec.or.jp/koutuu/
  ・内容:各回CGEIT Review Manualの一章分(第1章「事業体のITガバナンスのフレームワーク」、第2章「戦略管理」、第3章「効果の実現」、 第4章「リスクの最適化」、第5章:「資源最適化」)

(6) 研究会参加申込み方法
 研究会への参加を希望される方は、下記のCGEIT委員会メールアドレス宛てに@氏名、A東京支部会員番号、B連絡先メールアドレス、 CCGEIT資格の有無、DCGEIT受験予定の有無をご連絡下さい。各回の開催について改めて連絡します。尚、多くの方にお申込みいただいた場合、 募集を締め切らせていただくことがありますので、予めご了承下さい。

申込み・問合せ先: ISACA東京支部CGEIT委員会  tkcgeit@isaca.gr.jp


■CGEITに関するお問合せ

CGEITに関するお問い合せは、以下のメールアドレスまでお寄せください。ISACA東京支部は、ボランティア活動として運営されていますので、回答に時間がかかる事もございます。そのあたりに関しましては、ご理解のほどよろしく願いいたします。

東京支部CGEIT担当 :
tkcgeit@isaca.gr.jp

 
 
 

▲このページの上部へ



国際本部
大阪支部
名古屋支部
福岡支部
日本ITガバナンス協会
ISACA東京支部 理事会名簿
ISACA東京支部 規程集・目次
ISACA職業倫理規定
関連団体
リンク集
サイトマップ
お問合せ
個人情報保護方針
このサイトについて
 


All rights reserved Copyright©2013 ISACA Tokyo Chapter.